BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

洗濯代行(家事代行サービス)は開業の流れについて

2020/07/09
洗濯代行の開業を考えてるけど、事前に必要な資金や手続きなど、何が必要なのか気になりますよね。
そこで今回は、洗濯代行(家事代行サービス)の開業までの流れについて解説していきます。
▼洗濯代行(家事代行サービス)の開業に必要なこと
洗濯代行(家事代行サービス)の起業は、開業に基づく手続きや許可、資格などは必要ありません。
資金の不要なので、法人・個人問わず、起業しやすい業種と言えます。

▼必要な資金の目安
洗濯代行(家事代行サービス)を開業する際に必要な資金は、どのくらいの規模でするかによって変わってきます。
洗濯代行(家事代行サービス)に限らず、お店を始めるときは、人件費や設備、賃料などが必要になってきます。
大手のハウスクリーニングは、250~500万円ほどの開業資金が必要ですが、洗濯代行(家事代行サービス)も同様の資金が必要となってきます。
ただ小規模や個人で始める場合は、店舗を借りたり、機材の導入はなく、ほとんど0円で開業できます。

▼許可や資格、手続きは不要
洗濯代行(家事代行サービス)を起業する際、許可や資格、手続きなどは必要ありません。
洗濯代行(家事代行サービス)の開業は、開業届を税務署へ出すだけです。

▼洗濯代行(家事代行サービス)の利用者
洗濯代行(家事代行サービス)は、一体どんな利用者が多いのでしょうか。
・仕事が忙しくて、洗濯ができない
・洗濯をたたむ作業やアイロンがけが苦手な方
・シーツや布団など洗濯する余裕のない方

▼最後に
洗濯代行(家事代行サービス)は、特別な資格や許可、手続きは不要でコストを抑えて開業できるのがポイントでしょう。
開業したいと考えている方は自信の強みを生かして、洗濯代行(家事代行サービス)を始めてみてください。